マーチャントブレインズ投資顧問が運営する「株エヴァンジェリスト」のサービスの料金形態はどうか

株式取引を行う際にはできるだけ必要コストを抑えないと利益を獲得しても意味がないため、マーチャントブレインズ投資顧問の様に複数の料金形態を採用している投資顧問企業との契約をお勧めします。

マーチャントブレインズ投資顧問の主な取り組みは投資顧問という分野に力を入れて、それがしっかりとサービス利用者に反映されるように工夫しています。
その工夫の一環が単発契約プランと期間契約プランの2プラン体制の料金形態です。
単発契約プランは主に少ない資金で始めるような初心者を対象にしていると同時に、株式購入の際にあらゆる人の意見を参考にするために単発契約で銘柄の情報を獲得するといった使い方をする株取引上級者に向けたプランでもあります。
単発契約プランのこの使い方はマーチャントブレインズ投資顧問が推奨している取引の特徴と大きく酷似していおり、まさにこの会社の代名詞ともいうべきプランになっています。

ただし株取引は長期的な視点による意見も必要になってくるため、そういった用途でこの会社のアドバイスを受けたい場合は期間契約プランがお勧めです。
このプランは料金形態が2つ用意されており、1つは100000円で7日間の契約期間内の営業日毎に1銘柄の情報を獲得できるというプランで、もう1つは契約料金が200000円で30日間営業日毎に1銘柄の情報を配信するというプランです。

長期的な利用を想定しながらも7日間と30日間のプランを用意して値段の動きが激しい株式の動きに対応できるようにしている点がこのプランの多きなメリットです。
この様に料金形態に汎用性を持たせている事でマーチャントブレインズ投資顧問が提供している投資顧問のアドバイスは最大限の力を発揮する事ができ、投資初心者を含めた多くの方が利益獲得に成功している現象になっています。

さらにこれら有料のプランの他にも無料登録で1銘柄だけ情報を提供するという形のサービスも提供しているので、投資顧問がどういったサービスなのかわからない方はこれらを利用してから利用すると、よりサービスを効率的に利用できるのでお勧めです。
無料サービスだからといってマーチャントブレインズ投資顧問はサービスの質を下げていることは一切なく、無料登録で提供されたった1銘柄の情報で多額の利益を獲得したという方も多くいるので、まずは無料登録で株取引の魅力を掴んでみるのもお勧めの方法です。