マーチャントブレインズ投資顧問が運営する「株エヴァンジェリスト」でサポートを行う証券アナリストの特徴

投資顧問の企業は投資顧問サービスの質を向上させるために証券アナリストを迎えて投資顧問を行っていますが、マーチャントブレインズ投資顧問の証券アナリストは他のアナリストとは一味違う事で有名です。
マーチャントブレインズ投資顧問の証券アナリスト向後はるみの大きな特徴として、取引銘柄に対して多角的な視点を向けるという方法を採用しておりそれがしっかりと利用者の利益獲得に反映されているため非常に人気のあるアナリストとして有名になっています。

向後はるみが提唱している多角的な視点とは、1企業が発行している株式の関連企業に注目するという方法で近年企業では生産現場等を別の企業に委託している事が多いため、株式1つの銘柄の情報だけで取引するよりもアナリストの意見と自分の意見を照らし合わせた上での取引が最適とされているのです。
この企業の多ジャンル化の代表例とも言えるのが、向後はるみが推奨しているサブカルチャーコンテンツの株式です。
サブカルチャーコンテンツは映像が1つ作成されると、玩具やイラストやコンテンツ内に登場する食べ物まで様々なグッズが販売されます。
これらグッズの作成はコンテンツを配信している企業で行ってることは少なく、別の企業に委託しているためその企業の株が高騰する確率が高くなっているのです。
この高騰を狙って取引を推奨しているのが向後はるみの取り組みで、高い確率で利益が獲得できるためマーチャントブレインズ投資顧問の登録者数の推移も右肩上がりになっています。

また多角的な視点で利益を獲得する銘柄として、金融部門とIT技術に関する株式も向後はるみは推奨しています。
その理由は近年インターネットやスマートフォンの影響で個人的に投資始める人が多くなっており、それらのシステムやサービスを提供している企業の株価が激しく変動しているのです。

こういった金融とIT技術が融合したジャンルを専門用語でフィンテックと呼んでおり、このフィンテック分野の株式には多くの人が知っている大企業も名を連ねているので手堅く利益を得るために向後はるみはこれらの株価の取引も推奨しています。
ただしフィンテックは変動がほかの分野と比較して極めて株価の変動が激しいので、確実に利益を得るために向後はるみは銘柄のより詳細な情報を配信できるように分析を行っています。
向後はるみのこの努力によってマーチャントブレインズ投資顧問が提供している投資顧問のサービスは非常にクオリティの高いレベルに到達しており、これからも継続的に株価を分析する取り組みを行い継続的にサービスの質を向上させていく動きを見せていので、これから株取引を考えている方はマーチャントブレインズ投資顧問の利用登録を行っておきましょう。