マーチャントブレインズ投資顧問の特徴は?どんな会社?

マーチャントブレインズ投資顧問では証券取引に関する全ての情報を統括し、それを効率的に顧客に提示する事で資産運用を行う人が確実に利益を獲得できるようにします。
会社の特徴としては主に株式の取引に関する要素に力を入れており、的確なアドバイスをもらえる事から創業当初から多くの投資家に人気のある会社として存在しています。
株式によって資産を効率的に増やすには最新の経済情報や世界情勢等を把握しなければなりません。
そこでマーチャントブレインズ投資顧問では株式にはどういった情報が有効活用されるのかを分かりやすく提示する事で、株式取引という行為そのものの難易度を極限まで低くする事に成功しているのです。
消費者目線で考えると企業への信頼度が情報の信憑性に大きく関わってきますが、マーチャントブレインズ投資顧問ではその問題を有名株式トレーダーを招く事で実現しています。
株1グランプリという株式の由緒正しき大会でグランドチャンピオンに輝いた向後はるみは、この会社の情報提供に大きく関わっておりそのネームバリューから会社の知名度も一気に上昇したという経緯があります。
現に向後はるみの助言は常に的を得ており、取引の正確性は抜群に良く確実に利益を得るには彼女のアドバイスなしは考えられないとまで言われている程注目されています。
向後はるみの取引コンセプトは複数ジャンルを有した銘柄への注目で、例えばサブカルチャーのコンテンツを配信している企業は関連グッズ開発の影響もありそのグッズを開発する会社の銘柄が上がる可能性が高いのです。
そのためできるだけ1企業が複数ジャンルのコンテンツを提供している銘柄の取引を推奨しており、公式サイトでもその情報の一部を提示して分かりやすく解説しています。
そして最近注目されている銘柄の中には最新技術に関する物も含まれており、これは最新技術で使う機材のICチップや関連機構の銘柄の上昇が予測されるため取引の際にはこれらの銘柄を積極的に取引するように、利用者を促すような取り組みを行っています。
特にフィンテックと呼ばれている金融とIT技術が融合した株式テーマに関しては、お金という要素に対して今もっとも注目されているIT技術が合わさる事がこれ以上ない程の期待度の高い銘柄へと変貌をとげ、投資家の多くはこれらの企業の株式を積極的に取引しています。
銘柄の中には三菱や野村総研等有名企業も名を連ねており、フィンテック関連が多くの方から注目されている事を証明しています。
現にこれらの企業の銘柄は近年波を打つように値段を変貌させており、取引するタイミングも向後はるみのアドバイスの影響でわかりやすくなっているのでより確実に利益を獲得できるようになっているのです。

ただ向後はるみ自身は高騰による影響は一時的である可能性が高く、継続的に利益を得るためには情報分析を引き続き行っていかないといけないとも言っています。
その言葉を再現するようにフィンテック関連の株は上昇してはいますが、下げ幅も大きく向後はるみのアドバイスが無ければ取引してにくい銘柄となっているのです。
そのため投資顧問を名乗るからにはこの流動的な変化を利用者にわかりやすく伝える必要があるため、情報の配信スピードに拘りを持って配信しています。
情報は多ければ良いというわけではなく、インターネットという情報検索ツールが存在している以上効率的に自分に必要な情報を獲得する術を持たなくてはなりません。
そこで情報の配信の間隔をリアルタイムではなく加入プランによって1日に行う配信数を限定的にする事にしたのです。
これは情報の解析に慣れていない初心者にとっては非常に有利に働いており、提供サービスの利用を考えている人は狙い通り徐々に契約プランを変えるようにして自分に必要な情報が獲得できるような環境を自然に選択するような行動を起こしています。

まず最初に株式取引に関する情報の提供は信頼からリピーターを獲得していく物なので、マーチャントブレインズ投資顧問では登録料を無料にしています。
これによって少ない資金でも株式取引ができるという事を教え、より多くの人に利用してもらおうという取り組みになっているのです。
投資顧問契約は金融商品取引法いよってルールが事細かに決められており、初心者が取引するにはこれらの説明が必要不可欠です。
なので契約する際にはまず契約終結前交付書面を熟読してもらい、概要を把握してもらう事から開始しています。
契約終結前交付書面の中で注目すべきは取引の助言に関する項目です。

一番最初に明記されているこの項目には契約するごとに1から3の銘柄情報をメールとサイト内の専用ページで配信するとしており、株式取引を行う専門ツール等を使わなくても情報を閲覧する事ができるというメリットが書かれています。
助言に関するスピード性も非常に速く助言は商品ごとに契約から5営業日以内となっています。
また情報配信のタイミングを指定する事で少しずつ分析していくといった事も可能なので、契約の際にはこれらのサービスを積極的に利用する事を強くお勧めします。
次に契約プランについてですが用意されているプランは大きく分けて2つとなっており、自分の予算やその他の都合に合わせて選択する事ができるようになっています。
株式取引初心者にお勧めするのは単発契約プランです。
この契約は料金設定が25000円から150000円と投資顧問の契約料金としては低額プランになっているため、少ない資金しか用意できない方でも助言を受けられる点が多くの方から注目されています。
また株式取引の上級者で単発契約プランを利用する事があり、例えば専門分野に関する銘柄の情報が欲しい場合に上級者であればある程度高騰する銘柄を絞る事ができます。
そこで第三者の目線で助言を受ける事のできるこのサービスを利用し、最終的な取引の必要性を判断するといった事が可能なのでより確実に利益を得るためにはこの様な利用方法もベストとされています。
この契約プランは向後がはるみが提唱している複数ジャンルに属している企業の銘柄の取引に非常に最適で、株式取引初心者の方でも多くの方が莫大な利益を獲得している事例が報告されているため多くの方が注目しています。
そしてもう一つの契約プランが期間契約プランで、このプランは契約期間中に1営業日につき1銘柄に関する情報をメールか公式サイト内の専用ページで配信するというサービスです。
これは単発契約プランよりも利益獲得の展望を長期的に考えた取引に有効で、専門家の継続的な情報を自分の中に蓄積していき取引傾向から一番最適な銘柄を分析するといった事が可能になっています。

効率的にサービスを利用するにはある程度株式に関する知識を持っていないと有効活用する事はできませんが、単発契約プランで取引実績を重ねた初心者が期間契約プランに変更といった事も頻繁にあるので、あまり難しく考えない事をお勧めします。
期間契約プランは7日間契約のウィークリーデイトレードと30日間契約のマンスリーデイトレードに分かれており、それぞれお利用料金が100000円と200000円と大きく違うので用意できる資金に合わせて契約するプランを決定するようにしましょう。
マンスリーデイトレードは高額な利用料金になってはいますが、向後はるみの助言の元株式取引の経験を積んでいけば利用料金におつりがくるほど稼ぐ事もできるので、利用料金が高いからとあまり身構えずに積極的な契約をお勧めします。
マーチャントブレインズ投資顧問の特徴はこの様に段階的に情報を開示していき、それを料金プランという形で利用者に選べるようにしている上に、有名株式トレーダーの助言もあり多くの利用者が多額の利益を獲得しているので積極k的な契約を考える事をお勧めします。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です